日本語サポートが万全だから安心

歴史があるから安心がある、ウィリアムヒルカジノ
ウィリアムヒルカジノの母体ともなるウィリアムヒルは1934年にイギリスで創業したブックメーカーとしておよそ80年の歴史を誇っています。英国内ではマクドナルドの次に知名度が高い会社として認知されているほどで、ロンドン株式市場にも上場し、FTSE Index250指数の構成銘柄でもあります。英国ナンバー・ワンのゲームブランドで、2009年に参入したオンラインカジノでも最大手となりました。

 

ウィリアムヒルカジノのギャンブルライセンスはジブラルタルにあります。ウィリアムヒル社自体はネットゲーム業界では、映画のアカデミー賞に相当するEGRマガジン社主催「EGR Operator Awards2012」で「Slots Operator of the Year」、「Sports Betting Operator of the Year」を受賞しました。

 

ですので、世界で35万人にも及ぶといわれる登録者数は、こういった歴史と安心のバックグラウンドによって得られたものであると言えます。

 

日本人にも安心のサポート
ご存じのようにカジノは賭博となり、日本国内では違法になります。そのため、日本国内から登録できるオンラインカジノはすべて海外にある業者のものになっています。ということで、多くの業者では英語のサポートにとどまり、英語が苦手な民族である日本人向けにはなっていないところも実は多いのが現実です。

 

そんな中ウィリアムヒルカジノではしっかりと日本語のサポートも用意しています。フリーダイヤルやチャット、メール、無料FAXと様々な方法で日本語サポートにアプローチが可能です。とりあえずわからないことがある。そんなときに気軽に問い合わせできる快適さと安心感があります。

 

VIPともなれば個別の担当者もつきますし、一般プレイヤーでも日本人担当者から丁寧なサポートを受けられます。ただ、日本語サポートにメールを出しても最初のリクエストを受理したという返信は英文です。その後日本語担当サポートから返信があるので安心してください。


このページの先頭へ戻る