ウィリアムヒルカジノのペイアウト率

そもそもペイアウト率とは?
ギャンブルは大きく分類すると主催者や親となる胴元が存在するものとプレイヤー同士が行うものとがあります。オンラインカジノは前者となり、胴元が必ず勝つようなシステムが構築されています。この胴元が賭け金の中から自ら取得する割合を「控除率」または「ハウスエッジ」と言います。例えば競馬では売上額の2〜3割、宝くじに至っては販売総額の約半分となり、残りを購入者が分け合うというものです。このようにオンラインカジノでもカジノ側が有利になるようにゲームのルールや配当があらかじめ決められています。

 

逆に、プレイヤーが手にする利益の分を「ペイアウト率」と呼び、ハウスエッジが高い業者ではペイアウト率は低く、逆にハウスエッジが低くなればペイアウト率は高くなります。

 

ウィリアムヒルカジノのペイアウト率
オンラインカジノのペイアウト率は一般的には95%くらいだと言われています。これはラスベガスやマカオなどのカジノとほとんど変わらない数値ですが、実際のカジノよりもオンラインカジノの方が有利になっています。それはボーナスの存在です。ボーナスによりプレイヤーが有利になって勝率が高くなります。当然、もらえるボーナスのパーセンテージが高ければ高いほど有利になります。ですので、オンラインカジノでは開催される様々なプロモーションやイベントにはできるだけ参加し、ボーナスや賞金をより多く得ていくことが賞金獲得の可能性を上げるポイントでもあります。

 

そんなウィリアムヒルカジノのペイアウト率はどのようなものでしょうか。
スロットマシン ゲームで約94%、テーブル・ゲームはおよそ98%、カード・ゲームだと97%、ビデオポーカー・ゲームに至っては99%を超えています。そして、ポーカーも限りなく98%に近く、すべてのゲームを合わせると96%以上となっています。これらの数値は開催ごとに変わってきますので、あくまで参考ですが、ウィリアムヒルカジノのペイアウト率の高さはすごいということがおわかりいただけるかと思います。


このページの先頭へ戻る